英会話教室は目的に合わせて比較検討してみよう|English Class Comparison

英会話は目的別に学ぼう

英会話学習の方法は目的によって異なります。なので、自分の目的に合った英会話学習の方法や特徴を事前にチェックしておきましょう。

留学に必要な英会話とビジネス英会話の比較

留学に必要な英会話

留学に必要な英会話とは、日本から海外の現地に行くまでと、現地での生活に必要な英会話のことを主に言います。なので、空港での手続きの仕方から、道の尋ね方や移動手段の利用方法、買い物の仕方など様々なシチュエーションでの英会話力を身につける必要があります。

ビジネス英会話

ビジネス英会話とは、ビジネスにおけるディスカッションの際の丁寧語の話し方やプレゼンなどを行う際の説明の仕方や言い回しの方法などビジネスで必要となる役立つ英会話力のことです。特にビジネス英会話の場合は、自分の考えを相手に分かりやすく伝えるための表現方法を重点的に伸ばしていくのが目的となります。また、職種によっては専門用語などを覚える必要もあります。

自分のペースで学ぶ

教師

英会話教室を比較するのは、どこかの学校に入学にする時に大切になります。いろいろな所をくらべて、自分に合った学校を選ばなければなりません。学校の数は多いので、多くの人がいくつかの学校をくらべて最終的に1つのところに絞ります。英会話教室は近年人気を集めていますが、その理由は受験英語と異なり実際に使える英語を学べることにあります。教室に通うのだったら、できるだけ長期間行くようにしましょう。語学は時間をかけないと力が付きません。仕事で使う必要がある場合は、短期間に集中して学べる学校がお勧めです。趣味の一つとして勉強するのだったら、週に1回程度通うのが良い方法です。自分のペースを基準にして決めましょう。

文法にこだわらない

ENGLISH

英会話教室を比較する時のポイントの一つは、英文法です。英文法にこだわらない教え方をしているところの方が長続きしますし、人気があります。文法を軽視してはいけませんが、それにこだわり過ぎると英語の勉強自体が進まなくなることがあります。文法よりも大切なことは、意思の疎通です。自分の言いたいことを伝えられて、相手の言うことを理解できたらコミュニケーションは可能になります。いろいろな学校の中でも会話中心の授業をするところの人気が高いです。

ビジネスで使う

アルファベット

英会話教室を比較してみると、教室ごとの違いが浮き彫りになります。最近増えていて、多くの生徒を集めているのがビジネス英語の学校です。現代はクローバル化しており、仕事で英語を使わなければならないことが多くなっています。そのための英会話を教える学校が増えています。この種の学校は授業の時間が長くて、教えられることも実戦向けになっています。さらに授業料が高いのが特徴の一つになっています。1ヶ月当たり10万円を超えるのが珍しくありません。授業料は高いですが、英語を確実に身に付けやすいメリットがあります。

資格を目指す

先生

ビジネス英会話の教室と並んで多いのは、資格試験のための英会話教室です。この2つを比較すると、後者の方法は試験で結果を出すことに重点が置かれています。会話の授業を行われますが、試験に向けた対策もあります。英語のいろいろな資格は就職や転職、昇進に役立つので多くの人が資格試験の対策のコースのある学校に通っています。このタイプの教室を選ぶときは、会話の授業と試験対策のバランスに注意しましょう。

広告募集中